吉田ギター教室タイトルロゴ
個人レッスンですので、初めての方でも自分のペースで練習できて安心です。お気軽にご連絡下さい。
 home Topic > 最初は何を買いそろえればいいの?
最初は何を買いそろえればいいの?
(1)ギター
初めて購入されるなら2〜3万の価格帯のもので充分です。通販で買うこともできますが、商品を見ずに購入するリスクがでてきます。楽器屋さんが街にあるなら、高い買い物ですのでできれば足を運んで実際に手に取って感触を確かめたり、色あいを見たり、店員さんの話を聞いたりして納得して買った方がよろしいと思います。ギターは大きくアコースティックギターとエレキギターに分類できます。

  • アコースティックギター・・・フォークギターとクラシックギターがあります。フォークギターはスティール弦(金属弦)、クラシックギターはナイロン弦を張ります。見た目も違うので確かめてみるといいでしょう。
  • エレキギター・・・ソリッドといわれる空洞のないもの、フル・アコ(フル・アコースティック)と呼ばれる、よりアコーステックギターに近い仕組みのもの、それらとの中間のセミ・アコ(セミ・アコースティック)と呼ばれるものがあります。

また、エレアコと呼ばれる、エレキの機能を持ったアコースティックギターも人気があります。「エレキでもアコギの練習ができるのですか?」という質問をよく受けます。アコースティックギターとエレキギターは基本的な構造は同じですので最初はアコースティックじゃなきゃいけない、とかいうことはありません。自分のやりたい音楽でよく使われているものを選ぶ、というのがいいでしょう。
(2)弦
1セット、弦の買い置きがあるといいでしょう。エレキギターであれば一番多く使用されるのは1弦が、.009か.010から始まるセットだろうと思います。エクストラ・ライトゲージとかライトゲージ、ミディアムゲージなどと言いますが、実際の現場ではゼロキュー(009)の弦、イチゼロ(010)の弦といった具合に簡略化して表現します。
弦が太ければ張りのある音がしますが、当然、指に負担もかかります。最初はやわらかめの弦がよろしいと思います。
弦を張り替える頻度ですが、これといったきまりがあるわけではありません。1週間で替える人もいれば古い弦の音が好みでしばらく替えない人もいます。しかしながら、弦が錆びてきたり、チューニングを合わせてもなんとなくずれて冴えない感じがしてきたら、さすがにもう替え時だと思います。
値段は、1セット400円〜600円くらいの価格帯のものが多く売られています。もっと高いものも当然あります。
(3)チューナー

ギターチューナークリップタイプギターチューナー箱型

チューナーとはギターの各弦を調律する為の機械です。少し高めですが、長く使うものなのでしっかりしたものを購入しましょう。大きく分けて右の箱型タイプと左のようなクリップタイプの2種類あります。価格は箱型タイプなら3000円〜8000円くらい、クリップタイプは2000円〜6000円くらいです。
(4)シールド(エレキの場合)

ギターシールドシールドとはエレキギターとギターアンプを繋ぐ為のケーブルのことです。1本1000円以下のものから数万円のものまでピンきりですが、初めてなら1200円前後くらいのもので充分だと思います。また楽器を買うとソフトケースと一緒にオマケでつけてくれることもあります。

(5)ピック(エレキ、アコギの場合)

ピックピック

1枚平均100円ほどです。様々な形のものがありますが、最初はエレキなら左のタイプ、アコギなら右のタイプを購入し、しばらく使ってみましょう。堅さに種類がありますが、Hard〜Mediumくらいが無難なチョイスです。
(6)クロス

ギタークロス弦の手入れに欠かせないものです。練習後、弦についた汗や脂を拭き取ることで弦のサビを防ぐことは大切なことです。1枚500〜800円程度で買うことができます。ギターを買うとオマケでついてくるかもしれませんね。


(7)ギターアンプ(エレキの場合)
家で大きな音を鳴らすことは難かしいですが、もし鳴らせるなら1台あると楽しいですよ。価格はこれまたピンきりですが、初めてなら2Wから15Wほどの出力で15000円以内のもので充分ではないでしょうか。エレキの場合はギターアンプも楽器の一部とみなします。周辺機器やアンプに詳しくなることもゆくゆくは必要なこととなります。また、たいがいヘッドホン端子がついていますので夜中でもアンプで練習することは可能です。宣伝するわけではないですが、RolandのCubeシリーズはコストパフォーマンスに優れたいい製品だと思います。特にMicro Cubeは家での練習用に人気があります。
その他 あると便利なもの
(8)メトロノーム

メトロノームメトロノームはギター購入と同時にそろえなくても大丈夫ですが、ゆくゆく必ず必要になります。様々なタイプがあるので使う場所や用途に合わせてじっくり選んで下さい。私も今までいろんなものを使ってきましたが、今は写真のようなクリップタイプのシンプルなものに落ち着いています。写真はYAMAHA ME-55 という商品で、小売価格は2600円ほどですが、店頭ではもう少し割り引いて販売してくれるかもしれません。

(9)譜面台
なくても平気ですが、持っていると楽しいですよね。楽器屋さんでよく見かけるタイプは大きくわけて鉄製(2000〜3000円前後、重たい)とアルミ製(5000円〜6000円、軽量)に分かれます。どちらも使い勝手は同じですが、家などで固定して使うのか、それとも持ち運ぶのかで選択して下さい。持ち運ぶなら高いですが軽量のアルミ製をおススメします。さらに重く丈夫なタイプもありますが、個人で所有するならコンパクトに折りたためる鉄かアルミ製で充分でしょう。
(10)エフェクター
ある程度ギターを弾けるようになるときっと欲しくなるでしょう。大きくわけて3つの系統があります。
  • 歪み系・・・ロックやヘヴィー・メタルなどでよく聴かれる重厚で迫力ある効果を生み出します。ディストーション・オーバードライブなどが代表です。
  • 空間系・・・残響効果を生み出すものです。リバーブ・ディレイなどがあります。
  • 位相系・・・音に厚みと広がりを持たせる効果を生み出すもので、コーラス・フランジャーなどが代表です。

他にも音域周波数を変化させることで音質を変化させるイコライザー、ノイズを軽減させるものなどたくさんの種類があります。足もとで操作できるコンパクトなものから、たくさんの機能を一つにまとめたマルチエフェクターまで様々な商品が売られています。価格はピンきりですが、10000円〜40000円くらいの価格帯のものが多いようです。上を見るときりがないです。
(11)ギターポリッシュ

ギターポリッシュしばらくギターを使っているとだんだん手あかや指紋がついて気になってきます。こういったギター用のポリッシュやレモンオイルなどがあると便利です。500円〜2400円くらいの価格帯で単に艶出し用のものから表面を保護したり修復したりするものまで様々なメーカーの商品が販売されています。

Copyright (C) 2010〜2018 YOSHIDA GUITAR. All Rights Reserved.